銀河神風ジンライガー

Galaxy divine wind JINRAIGER

*

GDW公式ホームページ(第60回・5・9)

   

☆彡ジンライ・トーク☆彡
今回のキャラクターへの思い入れトークは、吟遊歌人タイランです。

管理人「ジンライガ―のキャラクター陣のなかではイレギュラーな位置づけですね」
優「そうですね。プロジェクトの初期段階では、本線のテレビアニメシリーズのほかに、いろいろな展開を考えていました。当時はJ9シリーズの流れを汲む新しい作品としての話題性しかなかったので、とりあえずは準備シナリオの1クール13本の作成。これはすぐには世に出ないので、原作としての小説を活字化しておくことでした。あとは何といっても主題歌と挿入歌の作詞でした。もちろん基本設定と主だったキャラクター・デザインは必須です。中野の復活宣言イベントでファンのかたにお披露目したときに、あるていど紹介できたのですが、その時点では吟遊歌人の持ち歌はなかった」
管理人「キャラとしては存在していたわけですね」
優「そうです。J9のファンのなかにはアニメ作品そのものは知らなくてもJ9ソングは知っていてリアルタイムでカラオケなんかで歌われていることをファンとの交流のなかで知らされて、新シリーズでも主題歌のほかに挿入歌は必用なんだなと認識をあらたにしました」
管理人「それが新宿での第一回フェスの開催につながるわけですか」
優「そうです。製作母体のないところからのスタートだから、ファンの熱気と支持を話題性にして出資を募る環境を作るには歌を中心にしたイベントしかない。J9から新J9への流れを作るのが目的でした」
管理人「イベントとしては成功でしたね。立錐の余地のない熱気でした」
優「興行収支を別にすればね(笑)。このときに新主題歌を山形ユキオさんに歌ってもらって、新EDをMIQに歌っていただくことができました。偶然でしたが連絡のとれた増田直美さんにも、アステロイド・ブルースはじめ数曲歌っていただきました。驚いたことに30数年前のJ9コンサートの頃より格段にうまい。しかも絶大なパワーの歌唱力で。新規参入の歌手のかたがたともども素晴らしいステージにしていただけました」

tilan_v2

 

管理人「このフェスで初めてジンライガ―の主題歌を聴いたかたがたは気が付かなかったのでしょうが、決起集会のときとは曲が違っていました」
優「ええ。復活宣言イベントのときから1stフェスまでの間に、ちょっとした事件があって、作詞作曲のコンビを解消せざるをえなくなった。この先どうしようかと思っていた矢先に、いきつけの飲み屋のママが、ブライガーの主題歌を歌っている、たいら・いさおさんの知り合いだったので、それまで直接は縁のなかった、たいらさんと連絡をとってくれました。たいらさんはMIQさんたちと新しいグループを結成していた時だったので、川崎のコンサートに顔を出したところ、なんと、そこに山形さんがいる。それまで親しいお付き合いはなかったのですが、気持ち的にはファミリーも同然なので、すぐ打ち解けました。そのときシンガーソングライターの新井正人さんもいらして、雑談ながら意気投合。不思議な縁で作詞作曲のコンビを組むことになりました」
管理人「なるほど。それが第一回のフェスの主題歌作曲変更につながるわけでしたか」
優「そうです。作詞も元に戻して手を加えました。こうしてフェスに先立ってОP&EDのシングルCDをリリースしてイベントに集まっていただいたファンの方がたに、記念品として提供することができたのです」
管理人「たくまずして主題歌の歌唱が山形ユキオさんに」
優「偶然とはいえ出きすぎでしたね(笑)」
管理人「その第一回フェスで、今回のタイランの持ち歌ともなる『星めぐる旅人の子守歌』のお披露目となりますね」
優「最初は、新しくコンビを組んだ新井さんに作曲を依頼する予定でした。歌手はたいらさんに決めていました。文語調の歌詞に挑戦していたのと、ライブの楽曲の構成上です。そんなときに、たいらさんから申し出があって、『大阪に親友の作曲家がいて、できれば彼に』ということでした。
僕としては、新しい縁が広がるのは望むところで、気持ちよく歌っていただくのが何よりです。そこで矢野あきらさんにおねがいすることになりました」
管理人「しみじみとした弾き語りでした。気のせいか涙をこらえていたファンがいたように思います」
優「今初めて公表しますが、ライブ当時、矢野さんは末期がんで入院しておられるのを、後でたいらさんから伺って、驚いたのをおぼえています」
管理人「そんな事情があるとはしりませんでした」
優「イベントが終わって、お亡くなりになったことをしらされました。退院されたら一度ご挨拶をと思っていたのに残念です」
管理人「矢野さんにとっては遺作になったわけですね」
優「ええ。とりあえず僕に出来ることはファンの皆さんに贈ったジンライ・ネームのリストに、今は亡きJ9のレギュラー声優さんと同じ守護神ネームの二つ名で参入していただきました。いずれCDアルバム作成の機会があったら、彼の思いに報いるように入れたいと思っています」
管理人「その楽曲は、本シリーズでは流れますか」
優「今のところ、予定にはありません。ただ、別のサイドバージョンではありえます。作詞の内容からいっても平家物語の琵琶法師みたいな役どころです。J9シリーズではバクシンガ―のLPのひとつに、麻上洋子さんの語りつなぎで主題歌・挿入歌をラインアップした構成作品があります。そんな形で作品化できるかもしれません」
管理人「本線のストーリーでは、昇り龍リーロックが故郷から逃れてくる宇宙船の貨物船倉で、テラ・アマータを弾き語りしているシーンがありますね」
優「そんな感じで、放浪しながら出てくる予定でいます」
管理人「てことは、主題歌挿入歌全曲歌えるキャラでもあるわけですね」
優「モチーフはトルバドール、ミネジンガーといった中世の吟遊詩人ですが、ジンライガ―では吟遊歌人ということにしています(笑)」
管理人「スナフキンのような要素も?」
優「ほしいですね。ただ僕の筆力で描けるかどうか(笑)。キャラも何度か改訂してもらいましたが、これはというレベルになっていません。ネーミングもタイランで二代目、この先どうなるか、流れに身を任せるつもりです」
管理人「話は変りますが、J9シリーズのブルーレイの発売が話題になっているようですが」
優「未確認情報ですが、先月末に長いお付き合いのファンと久しぶりにお会いして歓談しているときに耳にしました。本当なら嬉しいですね」
管理人「根強いJ9ファンが存在している証しですね」
優「それを励みに雌伏の時を過ごそうと思います」
管理人「雌伏が至福に転じますように」
優「うまい!」
管理人「ボロがでないうちに、締めようとおもいます。それでは次回をお楽しみに」

星めぐる旅人の子守歌 作詞 山本優  作曲 矢野あきら

 ひとつの星に 風と雨
 そよ風は旅人に やすらぎ
 小雨は旅人に 潤いを
 降れども降れども 渇き癒せず
  
 そよ風に微笑む さすらい人は
 小雨の嘆きを いかにせむ
 哀しき小雨の ためならば
 かんばせ あげて 恵みにこたえむ

 やがて旅人ちから尽き
 かの星の土に 還るとも
 風は むくろを舞い上げて
 子守歌をぞ 歌いけむ
 小雨は儚き土くれを
 濡らしつづけて 唱和せむ

 ひとつの星に 風と雨
 猛き風は 旅人を試さん
 イカヅチ呼ぶ 豪雨は
 降り続け降り続け降り続け
 その身を 打たん

 猛き風に挑む さすらい人は
 イナヅマに光る豪雨の嘆きを いかにせむ
 哀しき豪雨の慟哭を
 その身に浴びて ともに哭かむ

 風よ雨よイカヅチよ
 我を打て我を打て我を打て
 悪しき塵にまみれし 我を打て
 身も心も
 おしつぶし 引き裂き 砕き去れ

 やがて旅人 つかれ果て
 かの星の海に 眠るとも
 風は波濤をうならせて
 子守歌をぞ 歌いけむ
 豪雨は 星見る旅人を
 清く洗いて ともに歌わむ
 
 風去り 雨やみ 雷鳴遠のき
 やがて虹架かる 清涼のあしたに
 さすらい人は 蘇りしとぞと
 聞こえけむ
 星めぐる 旅人の子守歌が
 満天の星空にみつるとき
 われらは 生きてある歓びに
 感謝せむ
 神起す風に
 額づかむ
 
合掌。

 

 - GDW project, 山本優より, 未分類