銀河神風ジンライガー

Galaxy divine wind JINRAIGER

*

GDW公式ホームページ(第62回・7・9) 

   

☆彡ジンライ・トーク☆彡
今回のキャラクターへの思い入れトークは、ナインJです。

GDW_FES_mainArt_scan-1

管理人「これは水滸伝モチーフというよりJ9シリーズのキャラの系譜でしょうか」
優「そうです。ブライガーのポンチョ・パンチョにはじまって、バクシンガ―のスリーJに引き継がれていくキャラ。中核のレギュラー陣ではないけれど、シリーズでは常連です。このキャラのいるせいで作品に広がりができました」
管理人「チームに仕事をもちこんでくる役どころでしたね。抜け目はないけどちゃっかりしていて、どこかユーモラス。声優さんの味が抜群でした」
優「そうそう。ハードなミッションのなかでホッと一息つけるような笑いも出た。アフレコに立ち会っているうちに、だんだん必要不可欠な存在になっていたんですね」
管理人「チームではないけど、ほとんどレギュラー(笑)」
優「J9シリーズでは、アフレコのあとで決まって居酒屋に流れてたんだけど、こちらのほうでも常連で、ある意味ファミリーの一員です。兼人が幹事の小旅行でも一緒でした。仕事のみならず人間的にも魅力のあるひとで、プライベートで馴染の秘密の飲み屋につれていってくれたりでね」
管理人「そんなことが・・・」
優「ふだん、そういうお付き合いはしないひとです。だからとてもうれしかった。ドアを開けたらいきなりママが、ジョージ!」
管理人「とっておきのお店だったんですね」
優「今でも得難い声優さんとお付き合いできたと思っています。いわくいいがたい信頼関係が生まれました。アフレコAfterでのハシゴ飲みルーチンはこのシリーズが一番楽しい思い出です」
管理人「そこでジンライガ―でも引き続き出番が用意されたというわけですね」
優「ええ。まだ製作インまでこぎつけずにいるので、さすがに声優さんまで引き継ぐことは難しいかもしれないけれど、スリーJからステップアップした魅力がでるのを期待しています」

管理人「ジンライガ―では、新生リョーザンパークが結成されたあたりからの登場ですが、かなり独立したヤリテキャラになっているようですね」
優「そうです。ポンチョのときはアイザックに仕事をもちこんで、ちゃっかり成功報酬のサヤをとる。スリーJのときはシュテッケンに肩入れして幕末の勤皇志士を支援するような役どころ、今度は武器商人としてシュタインに絡んでくる。これまでと違うのは、単にリョーザンパーク寄りというだけでなく、他の勢力とも巧妙に立ち回って、戦いそのものを自分のビジネスにしてしまうというシタタカな存在に育て上げようとしています」
管理人「ははあ。ロスチャイルドやロックフェラーみたいな」
優「そうそう。すでに彼は巨大な宇宙タンカーを所有していて、なかで武器のみならずスーパーホッパーや戦闘ロボットまで製造することができる」
管理人「ビッグ・ホエールが、それですね」
優「武器商人として、製造・販売だけでなく、戦争そのものまでマネジメントしてしまう、どの陣営にとっても油断のならない存在です」
管理人「そういえば、アステロイド抗争で、ケレスコネクションのボスや、火星の星督府の総督に商談を持ち込んだり、その実シュタインの将来性に投資してみたりと、正体がなかなか見えないキャラとして立ち回っているようですね」paparas_v1

miceres_v1

優「ジンライガ―で描いてみたい戦争は、単なる覇権や戦術や戦略だけのものにしたくないんです。そこには経済があり、ヒューマニズムを超えた人類の営みがある。科学の進歩はかならずしも人間の進歩とはならず、社会の堕落を引き起こす。ほんとうの未来での戦いは実はそこらへんにあって、ドンパチやヒロイズムを描くものではない、というようなグランドテーマに切り込んでいきたいんですね。そんな展望にナインJは新しいドラマの風穴を開けてくれるような気がしています」
管理人「もしかして、シリーズの陰の主人公のような・・・」
優「さあ。どこまで活躍できますか(笑)」
管理人「ナインJというネーミングには、なにか秘めた狙いがありますか」
優「彼のニックネームは、コスプレ男爵です。つまり9のコスプレを使い分ける。9人のJをイニシャルにする人物に変化する。地顔は一つですがね」
管理人「あるときは片目のジャック・・・あるときは貴婦人ジョセフィーヌ・・・みたいな?」
優「そうですね。いまのところ3変化ぐらいしかしてませんが(笑)」
管理人「どんなコスプレをするか楽しみなところですね」
優「実は僕もジンライガ―のキャラを育てるのに愉しみな要素なんです」
管理人「デザイナーは大変ですね。面白さもあるでしょうが」
優「それも含めて期待していただければと、思います」
管理人「なるほど。では皆様、次回をお楽しみに」

 

 - GDW project, NEWS, 山本優より