銀河神風ジンライガー

Galaxy divine wind JINRAIGER

*

第10回:イベント詳細その3&放言録 and more

      2014/10/29

★10・12第一回GDWフェス「決起集会」

日時:10月12日(日曜日)
第一部11:00開場。第二部16:30開場。 場所:新宿「HEADPOWER」(東新宿) 収容人員:150(チケット対象210)(S券90+F券60=150)

■チケットご案内 ●先行販売 S券(第1部2部通し券):9,000円(定員90名)
特典:銀河神風ジンライガーOP&ED記念CD、記念コミック&ノベルブック、
記念パンフレット、ポストカード4種セット、記念ポスター、ドリンク1杯無料券
ジンライネーム(サイン色紙)贈呈(受付済)引き換え券

●第2部ライブ専用L券:5,000円(定員60名)
特典:記念パンフレット、記念ポスター
ジンライネーム(サイン色紙)贈呈(受付済)引き換え券

●第1部ファンミーティング専用F券:3,000円(定員60名)
特典:記念パンフレット

※先行販売は当ホームページにて8月下旬より開始。
会場キャパシティ150名分が販売期間中に埋まり次第閉め切ります。

※ジンライネームは当ホームページよりチケットのお申し込み時に
指定の項目にご入力の上お申し込みください。

☆イベント内容(2014/8.9現在のもので変更される場合もございます)
【第一部】ファンミーティング。
開始11:30~13:30
・ジンライキャラ・ネーミング公募(ペット・武器・必殺技ほか)。
・公開オーデション立ち合い「声優の部」(プレスコ)
・同「歌手の部」審査員:山本優ほか(声優・歌手とも)
・ジンライネーム贈呈(握手&サイン会)

【休憩】13:30~16:00
・ファン交換会(フリータイム)&物販TIME。
・ジンライネーム受付サイン会。

【第二部】LIVE (仮)17:00~20:00
・OPセレモニー(GDW代表&原作者あいさつ)

《J9Song》On Stage
MCコーナー➡シンガー&作詞者・山本優など適宜交えて。
「銀河旋風ブライガー(主題歌)」たいら いさお (前口上)secret
「星影のララバイ」山形ユキオ
「ABAYОフライバイ」山形ユキオ
「さすらいキッド(ED)」たいら いさお

MCコーナー 「銀河烈風バクシンガ―(主題歌)」山形ユキオ  (前口上)secret
「マイソウル ジャーニー」増田直美
「愛のライディングマシーン」山形ユキオ
「アステロイド ブルース イン ジンライガ―」(英語版・本邦初)MIQ
「不死鳥のライラ」山形ユキオ
「アステロイド ブルース(ED)増田直美

MCコーナー
「銀河疾風サスライガー(主題歌)」新井正人
「ハピイ ソング(ED)」増田直美

MCコーナー
《ジンライガ―Song》On Stage
「Galaxy Divine Wind(銀河神風ジンライガ―主題歌)」山形ユキオ
「JIN JIN JIN」MIQ
「スターライト メモリイ」増田直美
「がんばらなくても いいんだよ」新井正人
「ANIKI My Love」(新井正人)
「星めぐる旅人の子守歌」たいら いさお
「ジンライ ワッショイ」ユキオ&正人
「テラ アマータ(ED)」MIQ
MC
「KIZUNA(絆)」(ジンライシンガー5)
ラストSONG(客席も「みんなで」)

終演 see you again
物販TIME 撤収

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●「ジンライガ―広報キャラ近日登場!」
2次元・3次元を問わずあらゆる場所で広報活動をせっせと行うオリジナルキャラが近日登場。
キャラのネーミングも募集!
決起集会「第一部」で決定します。ふるってご参加ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【わたしの疾風迅雷体験】
(第二回:銀神雷カンホー)
第2回でいきなり私の番となりましたが、忙しくてそれどころではないのが疾風迅雷。
と言うのは冗談として以前も書きましたが優さんから「ちょっと手伝ってくれ」とのことだったので
何らかの手伝いができるだけでも面白そう…いや光栄でしたので引き受けたところが
蓋を開けたらJ9シリーズの新作と言う話。
それだけじゃなくキャラクターデザインを、なんて言われて気がつけばこの有様…いや充実した日々。
とにかくいまだに続く激しい嵐の中なので、ある程度落ち着いてからまたゆっくり語れると思います。

生活がガラっと変わってしまったのでぶっ倒れないようにやるだけやります。
以上!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第二管理人「山本優より『放言録その4・5~ジンライガ―カルチャー構想~』を預かっておりますので、発表いたします」
「ジンライガ―は新たな文化を志向いたします」
「ジンライガ―は絆の大切さを発信し続けます」
(以上・構想改訂版より転載)
管理人「ずいぶん風呂敷を広げたものですね」
第二管理人「ですねぇ。ま、意気込みは良しとしなければ」
優「呼んだ?」 管理人「あれっ? 執筆中じゃなかったんですか」
優「気分転換。散歩のついで。邪魔?」
管理人「ま、いいですけど」
優「実を言うと、会場の契約の帰り」
管理人「ごくろうさまでした」
優「スナップ撮ってもらったんで、載せて」
管理人「了解」
20140809yu_photo
優「いいところだよ。ゼネラルマネージャーもノリノリだし。CEOもいい人だし。大歓迎ムードだよ」
管理人「老舗のライブハウスだそうですね」
優「そうそう。草分け的存在。LIVEないときはシャレたカウンターで飲めるし」
管理人「なにか言いたくてきたんでしょ」
優「そう。放言録」
管理人「もうやりましたよ」
優「いいじゃん。もう一つぐらい。忘れないうちにさ」
管理人「あいかわらず掟破りですね。じゃ特別に。どうぞ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山本優 放言録(その6)
「みんなでつくるジンライガ―」
管理人「それ、初期のコメントにもありましたね」
優「再確認のタイミングなんだ。10年構想打ち出した以上、後継者も育てないといけない」
管理人「実践アニメ塾構想ですね」
優「ザッツright!」
管理人「いま、そんな余裕はないはずですが」
優「開講は来年です。でも、受講者には今から準備してもらって受付も今年中にやる。定員に満ちたところで、こちらも準備にかかりたい。応募要項に、いくつか好きなアニメ作品を記入してもらう。 それを指導するときの参考にしたい」
管理人「優さんの執筆作品から選ぶのですか」
優「オレのでなくても構わないが、一応参考までに末尾にリストを載せてもらいたい」
管理人「了解です。J9シリーズとか選ぶと合格率は高くなりますか?」
優「そんなこともない。ジンライガ―の世界は、あらゆるジャンルを包括してるから、「ヤッターマン」が好きでも、「ど根性ガエル」が好きでも、「うる星やつら」が好きでもいいんだ」
管理人「ジンライガーに、そんなテイストの話数が?」
優「あるある。ある意味オレの執筆生活の集大成だからね。いわばデズニ―ランドみたいなもん」
管理人「ポケモンとか、ルパン三世でも?」
優「ぜんぜんOKだ。ただし、まんまやりたいのは困る。最初のコメントでも表明したように、オリジナル脚本の書ける人材を育てるのが目的だ。コミック原作を脚本したいのも困る。ま、それは入ってから。応募の時は何を選んでも自由。応募要項も忘れずに」
管理人「了解です」
優「邪魔したな。あとはよろしく」
管理人「お気をつけて。呑み過ぎないように」
第二管理人「今日はおとなしく帰りましたね」
管理人「わッ!?」
第二管理人「どうしました?」
管理人「なにか踏んづけました・・・」
第二管理人「わッ!? 同じくです」
本部長「優さんがばらまいていったのです」
管理人「なんで・・・」
本部長「広報キャラが、やるんだそうです」
管理人「でも、これ落とすと決めたわけじゃ」
本部長「いかがなものか」
管理人「抗議してきます!」
第二管理人「コメント控えます。応募要項と作品リストは流しますが」
本部長「座右の銘預かりました。それから先に」
第二管理人「了解です」

山本優 座右の銘(その3)
「すぐにキレるもんじゃない。一晩眠れば気にならなくなるもんだ」(ドン・コンドール)
第二管理人「では、次回にご期待ください」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★「実践シナリオ塾」応募規定。 ・2015年受付開始予定。
・一期生。定員に達したのち開講日を通知。
・目的➡オリジナルアニメの脚本家養成。優秀者は「ジンライガ―」で脚本デビューを保証。
・資格:アマに限る(プロ・セミプロ不可)
中3から30代までの男女。国籍不問(ただし日本語の話せる方)
・受講料:現行のシナリオ養成教室に準ずる。
特典:中3・高校生・20歳までの母子家庭子弟は受講料全額免除。(面談あり)
東日本震災被災家庭の子弟。中3~20歳までは受講料全額免除。(面談あり)
□詳細は決定次第随時当ホームページにてお知らせします。

★「山本優作品歴」リスト

GDW資料室2014

【アニメ代表作】(順不同)

〔テレビアニメシリーズ〕

★原案・シリーズ構成・脚本

「銀河旋風ブライガー」(放映1981・10~82・6)
「銀河烈風バクシンガ―」(放映1982・7~83・3)
「銀河疾風サスライガー」(放映1983・9~84・1) (以上:J9シリーズ三部作)
「魔境伝説アクロバンチ」(放映1982・5~82・12)
「亜空大作戦スラングル」(放映1983・1~84・1)
「めちゃっこドタコン」(放映1981・4~81・10)
「女王陛下のプティ・アンジェ」(放映11977・10~78・3)
「超合体魔術ロボ・ギンガイザー」(放映1977・4~77・8)
「あしたへフリー・キック」(放映1992・4~92・9)

★シリーズ構成・脚本 「うる星やつら」(放映1981・10~86・3)初期2クールのみ。
「ななこSOS」(放映1983・4~84・1)
「おちゃ女神コロコロポロン」(放映1982・5~83・3)
「ブロッカー軍団Ⅳマシーン・ブラスター」(筆名:八田礼・八田朗)76・7
「くじらのホセフィーナ」(放映1974・4~74・9)
「UFО戦士ダイアポロン」(放映1976・4~76・9)
「闘士ゴーディアン」(放映1979・10~81・2)
「宗谷物語」(放映1984・2~84・6)
「チックンタックン」(放映1984・4~84・9)
「六三四の剣」(放映1985・4~87・3)
「ハーイあっこです」(放映1988・10~92・3)90まで。
「サイボーグクロちゃん」(放映1999・10~01・1)
「へろへろくん」(放映2000・4~01・4)
「仰天人間バトシーラー」(放映2001・4~02・3)

★脚本 「機動戦士ガンダム」(放映1979・4~80・1)
「ど根性ガエル」(放映1972・10~74・9)(デビュー作)
「ジャングル黒べえ」(放映1973・3~73・9)
「ゼロテスター」(放映1973・10~74・12)
「ウリクペン救助隊」(放映1974・9~75・3)
「破裏拳ポリマー」(放映1974・10~75・3)
「はじめ人間ギャートルズ」(放映1974・10~76・3)
「てんとう虫の歌」(放映1974・10~76・9)
「勇者ライディーン」(放映1975・4~1976・3)文芸担当。
「超電磁ロボ・コンバトラーV」(放映1976・4~77・5)
「ゴワッパー5ゴーダム」(1976・4~76・12)
・「タイムボカン」(放映1975・10~76・12)
・「ヤッターマン」(放映1977・1~79・1)
・「ゼンダマン」(放映1979・2~80・1)
・「タイムパトロール・オタスケマン」(放映1980・2~81・2)
・「ヤットデタマン」(放映1981・2~82・2)
・「逆転イッパツマン」(放映1982・3~83・3) (以上「タイムボカン」シリーズ)
「アンデス少年ぺペロの冒険」(放映1975・10~76・3)
「大空魔竜ガイキング」(放映1976・4~77・1)
「ポールのミラクル大作戦」(放映1976・10~77・9)
「ジェッタ―マルス」(放映1977・2~77・9)
「一発貫太くん」(放映1977・9~78・9)
「とびだせ!マシーン飛龍」(放映1977・10~78・3)
「風船少女テンプルちゃん」(放映1977・10~78・3)
「魔女っ子チックル」(放映1978・3~79・1)
「ピンクレディー物語」(放映1978・10~79・6)
「科学忍者隊ガッチャマンⅡ」(放映1978・10~79・9)
「科学忍者隊ガッチャマンF」(放映1979・10~80・6)
「ベルフィーとリルビット」(放映1980・1~80・8)
「ずっこけナイト・ドンデラマンチャ」(放映1980・4~80・9)
「とんでも戦士ムテキング」(放映1980・9~81・9)
「ダッシュ勝平」(放映1981・10~82・12)
・「パーマン」(放映1983・4~87・7)
・「忍者ハットリくん」(放映1981・9~87・12)
・「オバケのQ太郎」(放映1982・5~87・3)
・「エスパー魔美」
・「ウルトラB」(放映1987・4~89・3)
・「ビリ犬」(放映1988・7~89・4)
・「チンプイ」(放映1989・11~91・4)
・「21エモン」(放映1991・9~92・3) (以上、藤子アニメ)
「ロボタン」(放映1986・1~86・9)
「Bugってハニー」(放映1986・10~87・10)
「あんみつ姫」(放映1986・10~87・9)
「グリム名作劇場」(放映1987・110~89・3)
「いきなりタゴン」(放映1988・4~88・6)
「しましまとらのしまじろう」(放映1993・12~08・3)

〔劇場用アニメ脚本〕

★「機動戦士ガンダム」三部作(共同脚本)
「機動戦士ガンダムⅠ」「同Ⅱ 哀・戦士編」「同Ⅲ めぐりあい宇宙編」
「テクノポリス21Ⅽ」(公開1982・7)

★企画・プロデュ―サー 「愛の軌跡ドクター・ノーマン物語」(テレビアニメ・スペシャル)

【作詞】テレビアニメ主題歌・ED・挿入歌

《銀河旋風ブライガー》
「星影のララバイ」
「太陽の子ら」
「ABYO FLY BYE」

《銀河烈風バクシンガ―》
「銀河烈風バクシンガ―」(OP)
「アステロイド・ブルース」(ED)
「愛のライディングマシーン」
「不死鳥のライラ」
「ビリー・ザ・ショット」
「メイビイ・べイビィ」
「面影ララバイ」

《銀河疾風サスライガー》
「銀河疾風サスライガー」(0P)
「ハピイソング」(ED)
「プラネッツ ベイロード」
「トライ! トライ! トライ!」
「恋人たちの星まつり」
「ロング グッナイ」
「パラダイス パラドクス」(番外作J9ソング)

★「魔境伝説アクロバンチ」
「夢の狩人」(OP)
「渚にひとり」(ED)

★《亜空大作戦スラングル》
「亜空大作戦のテーマ」(0P)
「LOVE IS MORE」(ED)

★《おちゃめ神コロコロポロン》
「気分は女神チック」(ED)

★《めちゃっこドタコン》
「おいらドタコン」(OP)
「ドタコン音頭」(ED)
「チョピ子のララバイ」

★《ブロッカー軍団Ⅳマシ-ンブラスター》
「同名主題歌」(OP)(筆名:戸倉清和)作詞デビュー作

★《愛の奇跡ドクターノーマン物語》
「SANTA VITA」

〔ОVA〕

脚本 「グリーンレジェンド乱」(Ⅰ~Ⅲ)(1992・11~93・3)
「冒険してもいい頃」1989
「変幻退魔夜行カルラ舞う~奈良怨霊絵巻~」1989
「同~仙台小芥子怨歌~」1990
「魔宮戦場1・2」1991
「サムライダー」1992
「臀撃おしおき娘ゴータマン」1994
「聖ミカエラ学園漂流記Ⅱ」(上・下)1994
「ミナミの帝王」(アニメ版)

以下ペンネーム(都王子ほか21名義)
・都王子原作「淫獣戦線シリーズ」ほか元祖触手ものシリーズ「妖獣教室」「淫獣学園」など数知れず(確認不能)。

 - GDW project, NEWS, 山本優より, 山本優放言録