銀河神風ジンライガー

Galaxy divine wind JINRAIGER

*

GDW公式ホームページ(第55回・12・9)

☆彡ジンライ・トーク☆彡
前回は山本優の入院で休載させていただきましたが、ようやく退院いたしましたので、今回は原作者のキャラクターへの思い入れにかえて、復帰のご挨拶といたします。

管理人「なにはともあれ退院おめでとうございます」
優「御心配をおかけしました。当初は1週間ほどの検査入院の予定だったので、ごく身近なスタッフだけに軽く連絡するだけにすませました。みなさんお忙しいので見舞いとか大げさにならないうちに退院できると思っていたのですが」
管理人「ファンのかたからお見舞いのコメントとかいただきましたが、退院の目安は予測できなかったのですか」
優「1週間ごとに延びるので、連絡のタイミングもないままに気が付けば1か月半になってしまって、ご心配をおかけすることになりました。なにせパソコンはデスクトップで仕事場に据え置きでしたから対応も出来ず失礼してしまいました。中継ツ-ルがないわけではなかったのですが、ほとんど使わないで解約していたので外部とは携帯電話だけ。お見舞いのメールを確認できたのは退院してからで、この場を借りてあらためてお礼を申し上げます。ありがとうございました」
管理人「浮世ばなれの入院生活でしたね。そもそも何の検査入院だったのですか」
優「メタボにしては変だなと思い近所のクリニックで診察してもらったら、腹部に水がたまっているらしいのが超音波の検査でわかって、きちんとCTで調べてみましょうと順天堂練馬病院に紹介状を書いていただきました。ちょうどクリニックの先生が担当で、ご本人から本人宛の紹介状で数日後に検査という事になりました」
管理人「珍しいケースですね」
優「ええ。ラッキーでした。それで僕のケースが他の方の参考になればとおもい、少し詳しくお話ししたいと思います。ただのメタボと思っていると、とんでもないことになっているかもしれないからです」

【イメージ1 メタボ】

miceres_v1

管理人「結局原因はなんだったのです?」
優「胃液の漏れか膵臓が関係してるかわからないので、それを突き止める検査入院だったのです。後者だとやっかいなことになるので慎重に調べることになって、1週間して、どうやら「すいかん」が怪しいということになり一般内科から消化器内科の担当に変わりました」
管理人「それで長引くことになったのですか」
優「そうです。MRIでチューブを差し込んで鼻から外に廃液を出すことになったんです。CTの画像を見せられた時点で3リットルということだったので、チューブが入った時には4リットルは超えていたと思います」
管理人「相撲取りか臨月の妊婦状態ではないんですか?」
優「そんなだったと思います。検診を受けるまではジムで絞ればなんとかなるのかな程度の危機管理で、ちょうど役所広司さんが映画「関ケ原」で家康を演じて超メタボ腹のUpが記憶にあったから歳のせいかみたいな危機感しかなかったのと、4年ほど前にジンライガ―の映像化を始めるときにメタボをジムで絞って2年たらずで10キロ減量したこともあって、こんどもそれでと再開しましたが、とても追いつかない。日常生活にも不具合がでて、検診したら今度のような事態になりました」
管理人「もしかしたらかなりアブナイ状況だったんじゃ?」
優「ええ。僕の場合はズサンな健康管理が原因の特殊な例かもしれませんが、メタボが気になっている諸兄は要注意です。早めに検診するにこしたことはありません」
管理人「そういうことですので、気になる方は即検診を受けてください」
優「若い方も油断はできません。僕は順天堂練馬病院で半月、お茶の水の本院で一か月入院してましたが、40歳前で同じ症状の患者さんがおりました。腹部に異常はみられませんがチューブがパジャマから点滴スタンドに出ていたので同じケースです。若いからと言って油断はできません」
管理人「で、4リットル近くすべて出し切ったわけですか」
優「はい。退院の1週間前にほぼ出し切って腹部は平らになり、ライザップとはいきませんが体型は別人のようになりました。筋肉がつけば理想の体型と体重です」

【イメージ2・術後】

nekken_v2

管理人「苦しいことはなかったのですか?」
優「最初は腹部が張って辛い次期もありましたが、あとは採血と検査以外はすることがないので、退屈との戦いです。味気のない病院食にも閉口しましたが、毎日三度あげ善下げ善の暮らしで禁酒禁煙。チューブが抜けて1週間は18階の病室とデイルームで下界を眺望しながら、ひたすら退院の日を待ち焦がれておりました」
管理人「めでたく退院から1週間ほどになりますが、その後はいかがですか」
優「おかげさまで順調です。ゆるゆると通常の生活に戻るように努力しています。ジムにもときおり通うつもりです」
管理人「無理は禁物です。徐々に回復に努めてください」
優「ありがとうございます。退屈なりに入院していろいろ考えることもできました。普段は読まない本も読めたし、面白い観察も出来ました。紙数がないので別の機会に譲りますが、退院前夜にジンライガ―の映像化に協力していただいているプロデューサーから偶然電話をもらいました。すぐにどうという動きになりませんが、思いがけないタイミングでジンライガーへの思いを新たにした次第です」
管理人「以上、退院のご挨拶です。次回の連載再開をお楽しみに」

★第十七話(仮)「勃発! アステロイド抗争」脚本 山本優

強奪した鉱石を奪った相手に売りつける! 新生リョザーンパークと武器商人ナインJの計画は完了した。
その直後、火星の守護ギア・ダイマルスが何者かに強奪される。
強奪されたダイマルスは、地球へ鉱石を運ぶ輸送キャラバンを襲撃。
その輸送キャラバンにはマッキーが「おかん」と慕うモモエが搭乗していた。
火星機動部隊が急行するも強大なダイマルスには歯が立たない。
リーロックらがジンライガーで駆けつけた時には火星機動部隊は全滅した後、ダイマルスはモモエを乗せた輸送キャラバンと共に行方をくらましていた。

二度までも鉱石を強奪され、火星星督府のカミーズは絶望。そこにリョーザンパークから脱走したタンゴ隊長がたどり着いた。
タンゴから最初の鉱石強奪はリョーザンパーク一党の仕業だと知れ、火星から討伐軍が送られる。

その頃、地球では、仁愛星と人々に慕われるショートクが、ゲイン・パッツによって粛正されようとしていた。
しかしショートクを慕う者は正規軍の中にもいた。
彼らの助けでショートクは護送中に脱走。アステロイドに討伐軍が向かった事をリョーザンパークに知らせる。

ショートクからの知らせを受け、リョーザンパークは討伐軍迎撃の準備を進める。
同じく、アステロイド四強のケレス・コネクショのミケレスも強奪犯がリョーザンパークの仕業と知って激怒していた。
そこに火星で奪われたダイマルスが急襲。ダイマルスを奪ったのは四強の一角ベスタ・コネクションのサラとその部下だった。
ダイマルスに本拠地ケレスを壊滅させられ、ミケレスはブチ切れる。
「みニャ殺しだーッ!」

ナレーション「ついに勃発したアステロイド抗争。ベスタ・コネクションの奇襲を受けて壊滅したケレス・コネクションは逆襲の牙を研ぐ。火星軍を迎え撃つリョーザン・パークの命運は? 混迷深まるアステロイド。銀河神風ジンライガ―の明日はどっちだ!」

(GDW資料室提供アーカイブ)

☆彡youtube

https://www.youtube.com/channel/UCH8O8NPiuBBvvgx6cX4H4lg

☆彡ニコニコチャンネル「銀河神風ジンライガ―」

http://ch.nicovideo.jp/gdw-jinraiger

会員募集中:月額540円。
★生シナリオ先行公開中★

次回をお楽しみに!