銀河神風ジンライガー

Galaxy divine wind JINRAIGER

*

GDW公式ホームページ(第54回・10・9)

☆彡ジンライ・トーク☆彡
原作者のキャラクターへの思い入れ、今回は「河童三兄弟」です。

管理人「今日(収録日)は中秋の名月ですね」
優「東京ではあいにくの雲間隠れですが。はれわたった名月より僕はこういう趣向の方が好きですね。できればひゅんひゅん雲が流れてほしい」
管理人「風雲急を告げる、みたいな」
優「そうそう。ある意味職業病ですかね。何か起こりそうな胸がざわついてくるほうが絵としてはいい(笑)のほほんと歌なんか詠んでいてはドラマは始まらない。商売あがったりです(笑)」
管理人「今回フューチャーする河童三兄弟は、月の流刑地サンタマリーアに流された豹頭領リンホ―の救出ミッションに大活躍してますね」
優「まさに。グッド・タイミングです(笑)」
管理人「あれキッズキャラですが、最初からの狙いですか」
優「設定段階で遊び心が起ってヤンホー・ニンホー・トンホーというネーミングがまず閃きました。モチーフの水滸伝そのままでは面白くない。シリーズにサムシングニューが欲しかったんですね。出生地をアステロイドにすれば当然、生粋の人類ではなくて外宇宙人との混血になるわけで、顔や体形は人類でも頭に河童種族的なお皿と三角ヘアーとか特徴を持たせれば銀河時代の文化生物学的な広がりも出る(笑)。まんま銀河水滸伝にしないための突破口を模索していたときに、人類と宇宙人のハイブリットの存在はむしろ必然の欲求だったので、そのイメージを最初に参入してくれたデザイナーさんに投げかけてみたんです」
管理人「それでHPの初期に掲載した初期段階のキッズ・デザインが?」
優「ええ。最終デザインはともかく当初の狙いは面白いかたちで返してくれました。その時点ではキッズキャラまで考えていなかったので、お?こうきたか、と」

kappa3_v3

管理人「ネーミングのモジリからすればキッズにしたくなりますね」
優「考えてみれば、あ・それでか?となりますが、選択肢のひとつだったことに変わりはなく、初期設定では細かいことまで決めずになるべく自由にデザインしてもらおうというのが、その時の思いでしたから、キッズにしたのはやはりデザイナーとしての思い切った選択があったのだと思います。もともと彼は僕より水滸伝キャラを熟知してましたから、青年キャラも選択肢の一つとしてはあったと思う」
管理人「ネーミングだけ遊んだつもりが想定外のキャラとして返ってきたわけですか」
優「そうです。変な話ですが、そうきたか!というのはある意味インスパイア―になったわけで、だったら、こいつら思い切り面白く使えそうだとワクワクしたのを憶えています。その時点では準備シナリオにもどういうかたちで活躍させようかまだできていないときだったので、早くこいつら動かしてみたいという楽しみになりました」
管理人「設定段階のキャラデザインとのキャッチボールがうまくいったということになりますか」
優「結果オーライになりました。こうなると、ただのキッズキャラにはしたくない。大人顔負けの逞しさというか、彼らが過酷な宇宙環境で生きてきた生まれながらのスキルをもち、独立した存在にすべきだという思いになってきます。だから、早く出したい書きたいという気持ちがたまっていました」
管理人「キャラつながりとしては、天狼策ゲバランと親しい特殊なスキルチームの位置づけですね」
優「ええ。楽屋オチ的に言ってしまうと、J9のアイザックとメイ・シン姉弟の関係の発展形。庇護された助手的キッズキャラではない当初から対等な関係。ジンライガ―のキャラ相関でいえば風傑の絆の資格をもともと持ってるオトナなみの存在ですね」
管理人「そういう意味では、それまでのキッズとは別の扱いですね」
優「はい。キッズとペットはお決まりのキャラ設定なのがロボットアニメのお約束みたいになっていました。僕が手がけた当時のオリジナル作品でも機動戦士ガンダムのカツ・レツ・キッカなんかがそうですね。子供と動物は劇場用の実写でもあざとく設定しますが、本来なくても成り立つ世界です。
当事者としては、いつも引っかかっていたけど、あればあったで息抜きになっていたし特に排除することもない。好きな作品に『パシッフィック・リム』がありますが、あれなんの予備知識もなく映画館で観ましたが『ああ、やってる』と最初は批判的な想いしかなかった」
管理人「芦田愛ちゃんの役ですね」
優「そうです。でも観終わって批判的な気分が残っているかと言えば、そうではない。あれはあれでいいんだなと。ちょっと歯切れの悪い言い方になりましたが」
管理人「興行的必要条件みたいなこともあるのでしょうね」
優「だと思います。でもせめてジンライガ―ではキッズを出すためのキッズにはしたくなかった。そういう意味では河童三兄弟は突破口になるキャラだと思っています」
管理人「兄弟そろってオトナ相手に機知にとんだ言動が魅力的なのは、キッズであることを逆手にとってのユーモアが功を奏しているようですね。サンタマリーアの監獄長官が女装マニアで、スペースデブリの請負仕事を売り込むときの三兄弟の駆け引きは子供であるがゆえの立場をうまく利用して監獄長をおだてあげる。あれはキッズでなければできないしたたかさですね。しかもひょうきんな東北弁で観ているほうも思わずクスクスしてきます」
優「そこ狙いなんです。最初にデザインを受け取った時の『そう来たか』『だったらこうする』みたいな思いがやっとかたちにできたので、そのへんの味を楽しんでいただけると嬉しいです」
管理人「大人に伍してというかオトナ顔負けの機知と大胆さで、ケレス・コネクションから地球に届ける賄賂の鉱物資源を新生リョーザンパークが強奪する初仕事で、主要な作戦に活躍するあたりは自前のスキルをいかんなく発揮していますね。これ大人がやるとそれなりの任務にしかなりませんが、自立したキッズゆえに成功が際立ったのかとおもいます」
優「そういっていただけると嬉しいです」
管理人「今後もますます活躍が楽しみなキャラですね。具体的な内容は今のところ原作で読んでいただくほかはありませんが、ライブでは声優さんたちがショート・コントとイメージソングを披露していますので、このコーナーでは作詞を掲載して三兄弟のプロフィールにかえさせていただきます」
優「ありがとうございます。作品の構図から戦争や紛争は外せない要素ではありますが、現実の世界情勢が厳しい事実を毎日のように報道されているいま、ドラマとはいえリアリティのない空回りのテーマを謳いあげることの難しい時代になりました。ならばこそ新しい視点が製作側に要求されているのだと思います。これまでにないことをやるという気概だけでいえば、ジンライガ―にとってはまたとない時代の到来です。そんななかで、人類と宇宙人のハイブリットである河童三兄弟が機知と笑いで新しい視点をもたらすことができるように準備をしていきたいと、自分に言い聞かせています」
管理人「ジンライガ―の物語世界も予断を許さない緊張状態に突入していますが、そんななかで河童三兄弟がみせる展開を期待して以下に歌詞を掲載させていただきます」

河童三兄弟 作詞 山本優

 まるいお皿に三角ヘアー
 ヤンホー ニンホー トンホー
 おれたちゃー銀河の河童三兄弟
 スイスイ

 すまし泳ぎならヤンホー 長男
 もぐり泳ぎならニンホー 次男
 ジャンプ泳ぎならトンホー 三男
 すいすいすいすい スイミング ヘイ
 すいすいすいすい スピニング ヘイ
 おれたちゃー 宇宙人と人の子のハイブリッド

 グランマのグランマは宇宙人
 グランパのグランパは地球人
 おれたちゃー 宇宙人と人の子のハイブリッド

 泳河童 潜河童 跳河童 ヘイ
 すいすいすいすい スイミング ハイ
 すいすいすいすい スピンニング ハイ

管理人「それでは皆様、次回のキャラをお楽しみに」

ニコニコチャンネルでジンライガ―「原作」連載中☆彡

http://ch.nicovideo.jp/gdw-jinraiger/blomaga/ar1156303

毎月のダイジェストをより詳しくお楽しみいただけます。
ジンライ・トークと連動してお楽しみ下さい。

★第十六話(仮)「謎の火星人面遺跡」 脚本:山本優

強奪した鉱石を換金するため、リーロックらジンライガーチームは武器商人ナインJと共に火星へとやって来た。
ナインJが鉱石を換金する取引相手に選んだのは、火星星督府の参謀長カミーズ。大胆にも盗んだ当の相手に鉱石を売りつけようというのだ。
商談の間、リーロック、マッキー、ジーナ、シュタインの4人は暇つぶしに火星の人面岩の見物に出かける。
人面岩は旧太陽系時代の頃から超古代遺跡との噂がある火星の名所。現在は火星星督府が管理しており、立ち入り禁止のサンクチュアリとなっていた。

ホッパーで人面岩見物に出かけた四人だが、砂嵐に遭遇。シティと呼ばれる遺跡に緊急避難する。
そこにいたのはマッキーの父親代わりにしてレーシングテクニックの師匠リッキーだった。
彼と仲間たちは火星開発事業団を隠れ蓑に、火星の超古代文明の秘密を探っているという。
──超古代文明。水と森の火星にあった文明。そして超古代の核戦争。
リッキーの語る話に、四人は驚いたり呆然としたり。
どこまで本当か分からないが、ミローク王朝が直接管理するほどの謎が人面岩の地下にはあることは確かだった。

出立前、マッキーは彼が母(おかん)と慕うモモエにも会いに行くことになった。
リーロック、リッキーたちと共にホッパーを飛ばすマッキーの胸には、モモエとの思い出が去来する。
直接会って話すことはできなかったが、マッキーの手には思い出の黄色いハンカチが残された。

ナレーション「恩ある人に別れを告げて、一目みせたい晴れ姿。こんど会えるのはいつの日か。そしてまた、火星人面岩に秘められた謎また謎。かつて火星を破滅に追いやったという宇宙戦争の真実とは? 現在過去未来、壮大な宇宙の歴史は繰り返す。させてはならぬマーズ・ウオー。火種くすぶるコネクション。銀河旋風ジンライガ―、お呼びとあらば即参上!」

(GDW資料室提供アーカイブ)

☆彡youtube

https://www.youtube.com/channel/UCH8O8NPiuBBvvgx6cX4H4lg

☆彡ニコニコチャンネル「銀河神風ジンライガ―」

http://ch.nicovideo.jp/gdw-jinraiger

会員募集中:月額540円。
★生シナリオ先行公開中★

次回をお楽しみに!